ここから本文です

緑に囲まれた坂を上ると、対象・明治の世界へとタイムスリップ:萬翠荘・愚陀佛庵

  • 観光マップ

緑に囲まれた坂を上ると、大正・明治の世界へとタイムスリップ

写真:萬翠荘
萬翠荘
緑に囲まれた坂をゆっくり上るとそこに、
大正時代の華やかな世界が広がった・・・
坂の上の雲ミュージアムのさらに奥。緑に囲まれた坂をゆっくりと上っていくと、白い純フランス風の洋館「萬翠荘」が姿を現します。
写真:夜の萬翠荘
萬翠荘は大正11年(1922年)に旧松山藩主子孫、久松定謨伯爵(ひさまつさだこと)が別邸として建てたフランス風洋館。建物自体に芸術的価値が広く認められています。当時は各界の名士が集まった最高の社交場でした。館内に入るとそこには、ロココ様式の華やかな大正ロマンの世界が広がっており、当時の様子が目に浮かぶよう…。
平成23年、国重要文化財に指定されました。

萬翠荘のすぐそばにある松山城築城時代に掘られたともいわれ、いまでも枯れることのなく湧いている。茶を好んだ夏目漱石も愛飲したといわれています。

写真:愚陀佛庵へと続く階段・愚陀佛庵
愚陀佛庵
【お知らせ】
平成22年7月12日未明からの大雨により、松山城東雲口登城道斜面において土砂崩れが発生し、愚陀佛庵は倒壊いたしました。
見学はできない状況となっておりますので、ご了承ください。
愚陀佛庵は、明治28年春に松山中学英語教師として東京から松山に来た夏目漱石が下宿し、自分の俳号「愚陀佛」をとって愚陀佛庵と名づけられました。漱石は、親友正岡子規が故郷松山で療養し始めたことを知り、愚陀佛庵での生活を勧め、50日余り、子規は1階で、漱石は2階で、共同生活を送りました。その間、子規は療養しながらも句会などの俳句活動を続け、多くの俳人がここに集まりました。

インフォメーション

萬翠荘

定休日
月曜日(祝日の場合は開館)
営業時間
9:00~18:00
料金
入館無料
(2階企画展観覧 300円)
所在地
愛媛県松山市一番町3-3-7
TEL
089-921-3711
アクセス
伊予鉄大街道口から徒歩5分
駐車場
あり
ホームページ
萬翠荘:
http://www.bansuisou.org/
 

あなたの旅プラン

あなたの旅プラン

到着時間

到着場所

訪問先を選択し「更新」ボタンを押して下さい。

訪問先:1


ここから近い観光スポット

ここから近い観光スポット


おすすめしたいスポット

「萬翠荘・愚陀佛庵」に行く方に 是非おすすめしたいスポット



フッターナビゲーション