ここから本文です

小説「坂の上の雲」の世界が今ここに。:坂の上の雲ミュージアム

  • 観光マップ

小説「坂の上の雲」の世界が今ここに。

建築物としても非常に興味深い記念館です。
新しいまちづくりの拠点にふさわしい
大胆かつ調和のとれたフォルムは
建築家、安藤忠雄氏が設計。
『坂の上の雲』のまちづくりの核となる坂の上の雲ミュージアムは、日本を代表する建築家の安藤忠雄氏が設計しました。
三角形という大胆な形状の地上4階、地下1階の鉄筋コンクリート造り。松山城の裾に設立された坂の上の雲ミュージアムは、そのロケーション同様に、歴史や文化を大切にしながらも、未来へと向かうこれからのまちづくりのコンセプトが見事に表現されています。
 
写真:展示品・建物・休憩所
小説『坂の上の雲』の世界に浸る
嗜好を凝らした展示が目白押し!
ミュージアムでは、訪れた人たちが小説『坂の上の雲』をより深く理解できるように、合計1296回にも及んだ産経新聞連載記事の壁面展示や、主人公たちの直筆資料、その他主人公たちの生き方が感じられるような展示が行われています。
毎年新たなテーマで開催する企画展では、資料、グラフィックパネルのほか、映像や子ども用展示も行うなど、分かりやすく『坂の上の雲』の時代を紹介しています。
-小説「坂の上の雲」とは-

  この物語は、日本騎兵を育て上げた秋山好古、 日本海軍の戦術を確立した秋山真之、 そして俳句・短歌の革新を成し遂げた正岡子規という、 文明開化から日清・日露戦争までの約30年間の日本と、 明治という時代の礎を築いた3人と、 その時代を生きた人々の姿が生き生きと描かれています。 目の前に浮かぶ雲(新しい国づくり、夢、目標)を見つめながら 近代化への坂を上り、その実現に向けて突き進んでいく彼ら。 自らの理想を持ち、志しを高く、自らを信じ 自分らしく生き抜いた彼らの生き方を描いたこの物語には、 未来へ生きる私たちに向けたメッセージが込められています。

※司馬遼太郎さんの「遼」のつくりが環境によって正しく表示できないため、文中では「遼」を使用しています。

インフォメーション

坂の上の雲ミュージアム

休館日
月曜日(祝日・振替休日の場合は翌日)
開館時間
9:00~18:30(入館は18:00まで)
観覧料
一般 400円
高校生 200円
中学生以下 無料
※2階は無料スペース
所在地
愛媛県松山市一番町3丁目20
TEL
089-915-2600
アクセス
JR松山駅から市内電車道後温泉行き
大街道下車徒歩2分
駐車場
なし
ホームページ
http://www.
sakanouenokumomuseum.jp/

あなたの旅プラン

あなたの旅プラン

到着時間

到着場所

訪問先を選択し「更新」ボタンを押して下さい。

訪問先:1


ここから近い観光スポット

ここから近い観光スポット

  • 写真:松山城
    松山城
    美しき城郭、圧倒的な存在感。
  • 写真:萬翠荘
    萬翠荘
    大正・明治の世界へとタイムスリップ。
  • 写真:愚陀佛庵
    愚陀佛庵
    夏目漱石と親友正岡子規が俳句活動を続けた愚陀佛庵

おすすめしたいスポット

「坂の上の雲ミュージアム」に行く方に 是非おすすめしたいスポット



フッターナビゲーション